【しじみサプリメントを比較】オルニチンの濃度・効果・価格・口コミで

ビール飲みのためのオルニチン効果

ビール飲みのためのオルニチン効果

ビールなどのアルコールを飲むと、そのアルコールは肝臓で分解されるため、通常は、身体にほぼ悪い影響を及ぼさないでしょう。
しかし、もともとお酒が弱い方や、お酒が強い方でも飲み過ぎることで、翌朝、身体がだるくなったり、目覚めは悪く、吐き気や頭痛、倦怠感などの不快な症状が見られるため、気分が優れなくなります。
二日酔いになったりしてしまいと、肝臓に大きな負担をかけてしまった結果が二日酔いです。

 

ですから肝臓に負担をかけないようにするためにも、肝臓の働きをサポートしてくれる、オルニチンを上手に活用するといいのではないでしょうか。

 

アルコールは、肝臓で分解されると、毒素のあるアンモニアに変わります。
そして、このアルコールとオルニチンが反応を起こすことで、毒性のない尿素に変わることができるのです。

 

ですので、オルニチンを摂ってあげることで、肝臓のアルコール分解の働きを大きくサポートしてくれますので、
肝臓の負担を大きく軽減することができるので、肝臓の疲労感が二日酔いという形で出にくくなります。

 

オルニチンが含まれている代表的な食材としては、しじみが有名です。
お味噌汁などにして頂くと、しじみエキスを無駄なく頂けますので、いいのではないでしょうか。
二日酔いになった時は、しじみ汁を飲めば良いという話を耳にしたことはありませんか?
これは昔の人は何故か知っていたしじみの力で本当に効きます。

 

なぜなら、しじみには、人体に必要なアミノ酸や、ビタミンB群などの優れた栄養素が豊富に含まれています。
なかでもタウリンの含有量は多く、肝機能を強化させる働きがある為、体内の老廃物を排出がスムーズに行えます。
またオルニチンという成分は、アルコールを分解する働きがあるため、肝臓の解毒効果をサポートし、二日酔い防止に繋がるからです。

 

ですが、しじみを毎日食べるのも、なかなか難しいかもしれませんので、サプリメントなどを活用することもできるでしょう。
しじみやサプリメントなどを摂ることで、身体が楽になることを実感できるでしょうが、
その効果により酒量を多くするのではなく、負担のかかった肝臓を労わるために飲むことが大切です。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ