しじみ サプリ

脂っこい食べ物やお酒が好きな人は要注意

脂っこい食べ物が好きな人は要注意

肝臓はもともと中性脂肪を蓄えていますが、食生活の乱れによって中性脂肪が蓄積しすぎると「脂肪肝」になってしまいます。
食生活の乱れとは、食べ過ぎや多量飲酒、脂肪分の摂りすぎなどです。
健康な方であれば肝臓の重量の3〜5%の脂肪を含んでいますが、5%を超えた場合、または約30%の細胞に脂肪が溜まると脂肪肝と診断されます。

 

通常、肝臓の重さは約1kg程度で、脂肪肝になると、重さは約1.5〜2kgとかなり大きくなります。
肝臓に脂肪が溜まりすぎると、肝細胞はバルーン化といって肥大している状態になってしまい、
肝脂肪同士が圧迫しあい、血流が滞り、血液が粘り気をもったドロドロ状態になってしまうのです。
そうなると、肝細胞は傷ついた状態が続き、最悪は壊死し、肝機能が低下してしまうのです。

 

飽食の時代となった日本では、現在脂肪肝患者は推定3000万人、
日本人の4人に1人に達していると言われています。
男性に多いといわれる脂肪肝ですが、女性やお酒を飲まない方も急増していると言われています。

 

肝臓の病気がもたらす主な症状

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、なかなか症状が出にくい為、早期発見がしにくく、症状が現れた時にはかなり病気が進行している場合が多いです。
肝臓は私たちの体にとって主要な働きをする器官ですので
肝機能が低下したまま放置していると、様々な病気の引き起こす原因となってしまいます。

 

症状→黄疸
疑われる病気→・肝硬変・急性肝炎・胆石や胆がんなどの胆道系の異常
●血液中に胆汁の成分であるビリルビンという黄色い色素の濃度が以上に高くなり、
白目や皮膚が黄色っぽくなります。

 

症状→腹水・むくみ
疑われる病気→・肝硬変・慢性肝炎・アルコール性肝炎
●肝臓のアルブミンの合成が異常をきたすことで、体内の水分調整ができなくなって、
尿の出が悪くなり、お腹に水が溜まったり足のむくみがおこります。

 

症状→クモ状血管腫
疑われる病気→・肝硬変・急性肝炎・妊婦
●肝硬変などで肝機能が低下すると、女性ホルモンであるエストロゲンの上昇が原因で、
小動脈の血管が拡張するために、前胸部、首、肩、腕などにクモが足を伸ばしたような赤い斑点ができます。

 

症状→手掌紅斑
疑われる病気→・肝硬変
●女性ホルモンであるエストロゲンの上昇が原因で、手のひらの毛細血管が異常に拡張し、
手のひらの特に膨らんだ部分に赤い斑点ができます。

 

症状→女性化乳房
疑われる病気→・肝硬変・アルコール性肝炎
●肝臓での女性ホルモンであるエストロゲンが十分に分解できず、男性でも乳房がふくらんできます。

 

症状→血小板の減少
疑われる病気→・肝硬変・慢性肝炎
●ウイルス性肝炎が進行した場合、血小板の減少がみられ、出血が止まりにくくなったり、
皮下出血により青あざができやすくなります。

 

症状→脂肪便
疑われる病気→・肝機能低下
●脂肪を沢山含んだ食事をしていると肝機能が低下し、胆汁の合成が不足するため、
脂肪の消化吸収が低下します。そのため脂肪便(便の色が白い)が出やすくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ