しじみ サプリ

肝臓の働きについて

肝臓の働き

肝臓の重さは約1200グラム、人体の中で最も重く、最も大きな臓器です。

肝臓は多くの役割を持っており、主なものは「代謝」「貯蔵」「解毒」「胆汁の生成」になります。

 

私たちが食べたものは、そのままの状態では体に栄養として吸収できないので、
胃や腸で消化・吸収されたあと肝臓に送られ栄養素として各器官が使いやすい形に作りかえられるのです。
肝臓のこうした働きを「代謝」といい、三大栄養素である糖質や脂質やタンパク質をはじめ、
何種類もの栄養素の代謝を行っています。

 

そして、脳にとって必要なエネルギー源であるブドウ糖を貯蔵しているのが肝臓です。
必要に応じて補給できるよう、備蓄しているのです。

 

また肝臓は、体内に取り入れられたアルコールや食品添加物・薬剤など、
体にとって有害な物質を無毒化して、体外へ排出する解毒の働きをしています。
例えば、血液中に入ったアルコールは肝臓に運ばれ、アセトアルデヒドという有害物質に分解されたあと、
無毒な酢酸に変えられて、肝臓から血液中に出ていきます。
この酢酸は、最終的に二酸化炭素と水に分解されて尿などにより体外に排出されます。
時々、何らかの薬を服用しているにもかかわらず、お酒を飲んでいる人がいますが、肝臓が解毒作用を行う臓器ですので、お酒の解毒と薬の解毒の両方をいっぺんに行うのは肝臓にとってかなりの負担になっているので薬を飲んでいる人はお酒は基本的には飲んではいけないのです。

 

たとえ、薬とお酒を一緒に飲んでいても、肝臓は無言の臓器なので、相当悪くならないかぎり悲鳴という症状がでません。
症状がでないからと言って正常な状態とは限らないのが肝臓の怖いところであり、肝臓の凄いところでもあります。

 

ですから、薬を常用している人は肝臓に負担をかけているため肝臓の数値を知るために1年に1回は血液検査を受けて肝臓の数値が悪くなっていないか確認する必要があります。

 

さらに肝臓には、脂肪の消化・吸収のための大切な役割を果たす胆汁を作ります。
肝細胞内で、コレステロールを酸化して胆汁酸を作り、
脂肪の消化や吸収を助ける黄褐色の胆汁の生成をしています。
肝臓からは1日におよそ700ml〜1Lの胆汁が生成され、
これにより肝臓に老廃物が溜まることなく正常に働いています。
また、胆汁には殺菌機能もあり、侵入したきた細菌やウイルスから体も守る働きも行います。

 

このように、


ホーム RSS購読 サイトマップ